仮福真琴の精神科医はうそだらけトップへ副作用発現率59.6%・・・これでも「飲め」というか

ホーム > 精神医療の問題点 > 副作用発現率59.6%・・・これでも「飲め」というか

mixiの中で『現代の精神医療』の問題点を取り上げた 市民の人権擁護の会サイクバスターさんの日記を、本人から許可を頂き転載しています。

副作用発現率59.6%・・・これでも「飲め」というか  2009年01月25日16:15
(mixiのサイクバスターさんの日記から転載)

薬服用、6割が「勝手に中断」 (時事通信社 - 01月25日 15:01)


効果が出ないばかりか、副作用で苦しむことの方が多いクスリを作っておいてそれはないでしょう。

ジェイゾロフト【ファイザー】の医薬品添付文書の副作用の欄には下記のように記載されています。

ジェイゾロフト錠

【承認時までのうつ病・うつ状態患者及びパニック障害患者を対象とした国内臨床試験において、本剤が投与された総症例1478例中881例(59.6%)に2075件の副作用が発現した】

なんと、このクスリの副作用発現率は59.6%!!!

こんなクスリをいつまでも飲んでいろ・・・と言う方がおかしい。

副作用が疑われる症例報告に関する情報

しかも上記データを調査してみると、このクスリを飲んで自殺既遂で死亡した事例は報告のあった直近100件のうち、6件にも及んでいます。

このクスリの副作用として「自殺企図」があるということも、添付文書に明記されてイほどです
うつ状態の人に、自殺企図の副作用があるクスリを与えたらどうなるか・・・、素人でも容易に推察がつくでしょう。

こんなクスリを製造発売しておいて「最後まで飲め!」 なんてよくぞ言えたものです。

Amazon.co.jpアソシエイト:薬 副作用 精神

売れている順 新刊順

:%E8%96%AC%E3%80%80%E5%89%AF%E4%BD%9C%E7%94%A8%E3%80%80%E7%B2%BE%E7%A5%9E :yakugai_  :3

他の日記

精神医療の問題点(サイクバスターさんの日記から転載)

関連ページ

スポンサード リンク

精神科セカンドオピニオン2―発達障害への気づきが診断と治療を変える (精神科セカンドオピニオン) は、セカンドオピニオンに相談に来た誤診誤治療のほとんどの人が発達障害だったという事例を、適正診断を目指す医療関係者の方々が執筆しています。

精神科セカンドオピニオン―正しい診断と処方を求めて は、誤診・誤治療・誤処方でひどい目にあった方たちの実録集です。精神科での誤診・誤治療は、一部ではなく大部分です。精神科に通っても症状が悪化している人は必見です。

仮福真琴と不甲斐ない夫との日々仮福真琴の掲示板デジットさんの生活便利サイト

2003-2008 Copyright © Makoto Karifuku All Rights Reserved.