仮福真琴の精神科医はうそだらけトップへ精神医学が精神障害を治せない理由

ホーム > 精神医療の問題点 > 精神医学が精神障害を治せない理由

mixiの中で『現代の精神医療』の問題点を取り上げた 市民の人権擁護の会サイクバスターさんの日記を、本人から許可を頂き転載しています。

精神医学が精神障害を治せない理由  2009年02月01日11:50
(mixiのサイクバスターさんの日記から転載)

精神医学120年の歴史で精神医学は精神障害の治療のため・・・と称して様々な取り組みをしてきましたが、その成果は惨憺たるもので、およそ治療というには程遠い結果となっています。

なぜでしょう? なぜ彼らは治せないのでしょう?

それにはいくつかの理由がありますが、主たる原因として挙げられるのが下記の理由です。

理由①
精神障害の原因を「脳内化学物質の不均衡」としている。

理由②
思考、感情、決断、記憶などの無形かつ無質量のものを、物質的な対処(クスリや電気など)でコントロールすることで、問題が解決すると考えている。

理由③
精神医学における病名は、行動や状態を分類したものに過ぎない。

理由④
③によって分類したものに、患者を当て嵌めているだけに過ぎない。

理由⑤
人の治癒や向上を自らの喜びとしない思考を持つ人間が多く集まっている。

理由⑥
動機がカネに向かっている実践者が多く集まっている。


⑤・⑥が基本となっています。
ですから、敢えて治癒に結びつかない実践にせっせと取り組んだり、治癒に結びつく実践を取り入れないばかりかそういった実践を制度の外に追い出したり、潰しにかからんとするのです。

多少、人の心をもつ人物がいたとしても、それはたいてい潰されてしまいます。。。

Amazon.co.jpアソシエイト:薬 副作用 精神

売れている順 新刊順

:%E8%96%AC%E3%80%80%E5%89%AF%E4%BD%9C%E7%94%A8%E3%80%80%E7%B2%BE%E7%A5%9E :yakugai_  :3

他の日記

精神医療の問題点(サイクバスターさんの日記から転載)

関連ページ

スポンサード リンク

精神科セカンドオピニオン2―発達障害への気づきが診断と治療を変える (精神科セカンドオピニオン) は、セカンドオピニオンに相談に来た誤診誤治療のほとんどの人が発達障害だったという事例を、適正診断を目指す医療関係者の方々が執筆しています。

精神科セカンドオピニオン―正しい診断と処方を求めて は、誤診・誤治療・誤処方でひどい目にあった方たちの実録集です。精神科での誤診・誤治療は、一部ではなく大部分です。精神科に通っても症状が悪化している人は必見です。

仮福真琴と不甲斐ない夫との日々仮福真琴の掲示板デジットさんの生活便利サイト

2003-2008 Copyright © Makoto Karifuku All Rights Reserved.