仮福真琴の精神科医はうそだらけトップへ精神医療の不正の手口・・・

ホーム > 精神医療の問題点 > 精神医療の不正の手口・・・

mixiの中で『現代の精神医療』の問題点を取り上げた 市民の人権擁護の会サイクバスターさんの日記を、本人から許可を頂き転載しています。

精神医療の不正の手口・・・ 2009年02月08日15:57
(mixiのサイクバスターさんの日記から転載)

「精神科医たちの収益力を保護することがAPA(アメリカ精神医学会)の努めである」 ポール・フィンンク 元APA会長


精神障害の治療のための組織ではないことが、元会長の口からはっきりと告げられています。こうした非理性的な組織の構成員(精神科医)たちは数々の不正を働いています。

主たるものは・・・
(海外の事情も入りますので、ご了承ください)

・ 患者の保険金を使い切るために、架空の精神鑑定を行う。

・ 3歳~5歳の子供のマリファナ使用を治療するとして保険請求をする。

・ 「診断時間」を偽って報告する(20分の診療を1時間として請求する)。

・ クスリの処方箋を不正に操作する。

・ 刑事被告人に、精神病院に入ることを承諾すれば刑務所に行かずに済むと告げ、その上で彼らから診療報酬をとる。

・ 死亡している人々に施された診療に対して保険機関に請求する。

・ 提供されていない医療サービスに対する偽りの請求。

・ 精神病院のプールに患者をいれ、それを「レクリエーション療法」と称して請求する。

・ 患者への「起床」の点呼を回診として請求する。

・ 患者と性交渉を持ち、それを治療と称して請求する。

・ 劇場のチケット代や海外旅行の費用を請求する。

・ 従業員の親睦のための行事に政府の福祉基金を使う。

・ 刑務所に入っている顧客を治療したとして、保険請求を行う。

・ 毎日の「グループ療法」の時間に対して請求する。実際に行われていいることは、コーヒーやパンを振舞ったり、数人で音楽を聴くなどのことである。

・ 患者が「グループ療法」に参加していた時間に個別の相談や治療を行ったとして請求する。

・ 「治療」の効果が得られるはずがない状態の患者に対する治療に請求する。(例えば、こん睡状態の患者。ある精神医療機関では、療養施設でこん睡状態だった患者に対して「精神治療」が行われたとして請求がされた)。

・ 施設の保険対象にならない外部の契約スタッフ(療法士)が行った治療に対して請求する。

・保険機関に告知しないで患者を施設に飛行機で移動させ、その代金を保険機関に請求する。


とにかく、この精神科医たちの仕事の動機が「カネ」にあるとしか言いようがありません。
自らが使いやすいような制度を作らせ、徹底的にしゃぶりつくす・・・。 これが精神医療のビジネスモデルです。

Amazon.co.jpアソシエイト:薬 副作用 精神

売れている順 新刊順

:%E8%96%AC%E3%80%80%E5%89%AF%E4%BD%9C%E7%94%A8%E3%80%80%E7%B2%BE%E7%A5%9E :yakugai_  :3

他の日記

精神医療の問題点(サイクバスターさんの日記から転載)

関連ページ

スポンサード リンク

精神科セカンドオピニオン2―発達障害への気づきが診断と治療を変える (精神科セカンドオピニオン) は、セカンドオピニオンに相談に来た誤診誤治療のほとんどの人が発達障害だったという事例を、適正診断を目指す医療関係者の方々が執筆しています。

精神科セカンドオピニオン―正しい診断と処方を求めて は、誤診・誤治療・誤処方でひどい目にあった方たちの実録集です。精神科での誤診・誤治療は、一部ではなく大部分です。精神科に通っても症状が悪化している人は必見です。

仮福真琴と不甲斐ない夫との日々仮福真琴の掲示板デジットさんの生活便利サイト

2003-2008 Copyright © Makoto Karifuku All Rights Reserved.