仮福真琴の精神科医はうそだらけトップへ日本だけじゃない・・・

ホーム > 精神医療の問題点 > 日本だけじゃない・・・

mixiの中で『現代の精神医療』の問題点を取り上げた 市民の人権擁護の会サイクバスターさんの日記を、本人から許可を頂き転載しています。

日本だけじゃない・・・ 2009年02月12日11:11
(mixiのサイクバスターさんの日記から転載)

精神科医という職業についている人が、世界のあちらこちらで犯罪を起こしています。それも今はじまったことではなく、彼らの歴史の最初から絶え間なく起きています。。。



□精神科医や心理学者の性的虐待問題に関する海外の調査データ

7カ国(オーストラリア、カナダ、イスラエル、ドイツ、スウェーデン、英国、アメリカ)での調査により、6%から10%の精神科医が、彼らの患者と性的な関係を持ったことがあるということが示されています。

1)1991年に「Sex in the Forbidden Zone」を著した作家であるPeter Rutter医学博士によると、知られている事例は氷山の一角ではあるが、それでも6%から10%であると計算されています。そして、彼らは平均して6人の患者に虐待を加えているとされています。

2)Journal of the American Medical Associationの1998年6月号では、平均して10%の精神科医が、患者と不適切な性的行為を行ったことを認めていることが報告されています。

3)1986年、The American Journal of Psychiatryでは、13%が患者と性的関係を持ったことが報告されています。もしも10%の精神科医が患者に性的虐待をしているとすれば、米国だけで3800人、世界で1万5千人にのぼります。もしも一人につき4人の患者に手を出しているとすると、その数は米国内で15200人、世界で6万人になります。

The American Journal of Psychiatryで公表された、1986年の、精神科医と患者間の性交渉に関する米国での調査によると、患者を性的に利用していることを認めた精神科医の73%が、「愛」や「快楽」という名目でそのような行為を行っていたことが判明しました。それは、「患者の自尊心を高める」ためであると19%が主張しましたが、さらなる弁解として「判断の誤り」、「衝動」、「療法士の啓発」、「個人的な必要性」というものもありました。

2004年現在で、増加する精神科医や心理学者による性犯罪に対して取り組むための法令が、米国の24州、オーストラリア(ビクトリア州)、ドイツ、スウェーデン、イスラエルにおいて、合計28以上施行されています。
(米国24州:アラスカ、アリゾナ、カリフォルニア、コロラド、コネティカット、デラウェア、フロリダ、ジョージア、アイダホ、アイオワ、カンザス、オハイオ、メイニー、ミシガン、ミネソタ、ミシシッピ―、ニューハンプシャー、ニューメキシコ、ノースダコタ、サウスダコタ、テキサス、ユタ、ワシントン、ウィスコンシンの各州)


だいたい日本の精神医学はアメリカやヨーロッパで起きたことが5~10年遅れでやってきます。今から5~10年前と言えば、イタリアが新規の精神医療施設への入院を禁じたり、アメリカでも精神医学の規制が厳しくなりだしたころです。

こうみると、悪いことばかりじゃないのかな・・・。

早く日本もそうなってほしいものです。

Amazon.co.jpアソシエイト:薬 副作用 精神

売れている順 新刊順

:%E8%96%AC%E3%80%80%E5%89%AF%E4%BD%9C%E7%94%A8%E3%80%80%E7%B2%BE%E7%A5%9E :yakugai_  :3

他の日記

精神医療の問題点(サイクバスターさんの日記から転載)

関連ページ

スポンサード リンク

精神科セカンドオピニオン2―発達障害への気づきが診断と治療を変える (精神科セカンドオピニオン) は、セカンドオピニオンに相談に来た誤診誤治療のほとんどの人が発達障害だったという事例を、適正診断を目指す医療関係者の方々が執筆しています。

精神科セカンドオピニオン―正しい診断と処方を求めて は、誤診・誤治療・誤処方でひどい目にあった方たちの実録集です。精神科での誤診・誤治療は、一部ではなく大部分です。精神科に通っても症状が悪化している人は必見です。

仮福真琴と不甲斐ない夫との日々仮福真琴の掲示板デジットさんの生活便利サイト

2003-2008 Copyright © Makoto Karifuku All Rights Reserved.